豊田市・みよし市の歯科医師会

FMとよた ラジオ・ラブィート

シーズンズダイアリーVol 125

 

2017/1 

虫歯は歯が痛いだけでなく虫歯が原因で病気になることもあると聞きました。

どんな病気になるんですか?

 

 

 

そうですね。どのような病気かというと、上顎洞炎(副鼻腔炎)、敗血症、骨髄炎、肺炎、脳梗塞、心筋梗塞などなど、いろいろな病気があげられます。

多くの方々は、歯が痛い!イコール、虫歯といった具合に考えられますが、虫歯で歯が痛いにも、大きく分けて2つありまして、1つ目は虫歯が神経まで進行してしまい、痛みが出ている場合、2つ目は、感染を起こして痛い場合があります。膿んで腫れている場合などです。細菌に感染している訳ですので、歯に限らず、体のどこかが感染して膿んでいて、自分の免疫力だけでは改善しないのに、ずっと放っておけば、症状はどんどん悪化してしまいますよね?

そんな状況を考えて頂けばいいと思います。

 

また虫歯が原因の炎症が骨髄まで進行してしまえば、骨髄炎になりますし、上顎洞に進行してしまえば上顎洞炎にもなります。口の中の菌が肺に入ってしまえば肺炎にもなりますし、感染が血液に入ってしまえば体の様々な所にも行ってしまいます。

風邪などでも、ずっと治さずにこじらせてしまえば肺炎になるとかと同じようなものです。

 

ですので、歯医者さんに行くのは怖いから行かないとい話を聞くこともありますが、歯だけでは済まなくなってしまう事もありますので、酷くなる前に歯医者さんに行くようにしましょう!

 

 

 

 

 

<VOL 124 ラブィートトップ VOL 126>

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会