豊田市・みよし市の歯科医師会

FMとよた ラジオ・ラブィート

シーズンズダイアリーVol 124

 

2016/12 

最近、CMなどで、歯茎が下がるって言葉をよく聞くのですが、どういうことなんでしょうか?

年齢を重ねるとみんな歯茎がさがってくるのでしょうか??

 

 

歯茎が下がるということは、下の歯であれば下方向に、上の歯であれば上方向に歯茎が退縮してしまう事です。見た目的には、歯茎が退縮するために、歯の根っこがでてくるので、歯が長くなったように感じるかたも多いです。

歯茎が下がる原因としては、当然年齢的な衰えもありますが、一番の原因は歯周病です。 歯周病の症状が重くなり、一度下がってしまった歯茎は、基本的には元に戻らないので、 そうならないように、しっかりと健診を受けましょう!

 

あと以前番組でリスナーさんと話題になっていたのが虫歯が移ることがあると聞いたのですが(乳児に大人が咀嚼した食べ物をあげると子どもに虫歯が移ると聞いたことがあります)虫歯の人と一緒に鍋を食べると虫歯は移るのでしょうか?

 

 

その通りです。生まれてきたお子さんには、虫歯の菌はいなくて、どこかから移ってきます。一般的に、3歳ぐらいまでの間に移ってきて、そのお子さんの虫歯の菌の数は決定されると言われています。どういう事か簡単に説明すると、椅子取りゲームのようなものです

口の中には虫歯の菌だけではなく、様々な菌がいますが、口の中に入れるそれらの菌の総数は決まっていて、3歳ぐらいまでに総て埋まってしまいます。ですので、そこにどれだけ虫歯の菌が入り込むかというような感じです。

同じ鍋というのはわかりませんが、虫歯の菌を持っている、お母さんや、お父さんが、同じ箸やスプーンで食べ物をあげたり、飲みかけのペットボトルなどをあげたりすると、移ると言われています。

 

ですので、3歳ぐらいまでは、そのような行為を避けていただくと、そのお子さんは虫歯になりにくいお子さんになりますので、ぜひ気を付けてください!

 

 

 

 

 

<VOL 123 ラブィートトップ VOL 125>

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会