豊田市・みよし市の歯科医師会

FMとよた ラジオ・ラブィート

シーズンズダイアリーVol 87

 

2013/8 

歯って遺伝でしょうか?

よく見ると、歯並びも母親と似ています。 

そんな母は先日歯医者さんに行って、

『歯槽膿漏だった』と、へこんで、帰宅しました 

虫歯のない人は、歯槽膿漏になりやすいそうですが

本当でしょうか?? 

二つの疑問、教えて下さい。

 

 歯は、ある意味遺伝するといえます。

 

歯の形や質、むし歯菌に対する抵抗力や食べ物の嗜好などは遺伝しますし、骨格や歯の大きさも遺伝しますので、それにより歯並びも遺伝すると言えます。

また、食生活や歯磨きの仕方なども親子で似てきますので、その結果虫歯が出来やすいなども似てきてしまうのではないでしょうか。

 

虫歯のない人が歯周病(歯槽膿漏)になりやすいかどうかですが、私の考えとしては、経験上虫歯のない人は、あまり歯医者に行かないため本人が知らないあいだに、歯周病が進行してしまっている事が多いと思います。歯周病はかなり重症な状態にならないと痛みなどの自覚症状が出てこないため、虫歯のない人は歯が痛くなったので久々に歯医者に来てみたら、かなり歯周病が進行していた。という方を多くみかけますね。

 

歯周病の場合まず患者さんが気づきやすい初期の症状としては、歯茎から出血をしやすくなります。最近歯磨きや食事の時などに出血をするな、と思ったら早めに歯医者さんに行きましょう!

痛みが出はじめたり、歯がグラグラ動くような状態になった時には、歯を抜かないといけない場合も多くなるので、歯の健康を守るため、皆さん定期健診をうけましょう!

 


<VOL 85 ラブィートトップ VOL 90>

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会