豊田市・みよし市の歯科医師会

FMとよた ラジオ・ラブィート

シーズンズダイアリーVol 80

 

2013/1 

 

新年明けましておめでとうございます 

今回は乳歯について少しお話したいと思います。

普段何気なく見ている乳歯ですが、その生態をよく知っている方は少ないかと思います。

乳歯は生後7~8カ月頃から生え始め、3歳頃までに生えそろいます。そして、7~12歳の間に順次抜け落ち、永久歯へとバトンタッチしていきます。基本的には乳歯は20本存在し、白色~青白色している為、よくお母さん方が「生え代わった永久歯が黄色い!」と言われますが、乳歯が白過ぎるためそう感じるのかもしれません。

乳歯で明らかに1本だけ茶色い又は黒いといった事があればそれは虫歯の可能性が高いです。または何かにぶつけて歯の神経が死んでしまっている事もありますので早めにかかりつけの歯医者さんを受診してください。ここで乳歯の特徴を2つあげます

一つ目は乳歯は虫歯の進行が早い。

二つ目は虫歯が大きくなっても自覚症状がないというものです。もし痛がった場合はすでに神経まで達していることがほとんどです。

またよく質問される事で、「乳歯が抜けたのに永久歯がなかなか生えてこない!」と相談を受けます。永久歯の生えてくるスピードにも個人差があります。何らかの原因で遅れてる事もありますが気長に待ってあげて下さい。

どうしても心配であればかかりつけの歯医者さんで定期的にレントゲンを撮ってもらい順調に生えてきているか確認してもらって下さい。

乳歯の寿命は短いです。がんばって歯磨きをしてご家族でよく観察してあげましょう。

 


<VOL 79 ラブィートトップ VOL 81>

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会