豊田市・みよし市の歯科医師会

FMとよた ラジオ・ラブィート

シーズンズダイアリーVol 62

 

2011/4 

 

今月も始まりました、豊田加茂歯科医師会提供のシーズンズダイアリー。まずはじめに、このたびの東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。さて、この豊田加茂歯科医師会提供のシーズンズダイアリーも、リスナーの皆様のおかげでついに6年目に入りました。これからも豊田加茂歯科医師会は地域の皆様の健康づくりのため頑張っていきます。どうぞよろしくお願いたします。

 

そこで、皆さん、突然ですが「健康づくり豊田21」ってご存知ですか???

「すべての市民が健康で明るく元気に生活できる社会」を実現するために平成13年度から豊田市で実施されてきた政策です。これには、個人と地域が力を合わせて市民の健康づくりを総合的に推進する必要があるため、歯科医師会もこれに参画してまいりました。その後、平成17年にこの「健康づくり豊田21」の中間評価が発表されたわけですが、その中の歯科部門での興味深い結果の一部を今日は皆様にご紹介いたしましょう。

 

全体的にみると虫歯の本数は減少傾向にあるようですが、1日2回以上歯磨きをする人の割合は豊田市が定める目標値を達成していませんでした。さらに、かかりつけの歯科医がいる人は、若い年代において増加しており、20歳以上では、67.4%でしたが、そのうち症状があるときだけに歯科を受診する人は39.4%で、本来の意味でかかりつけ歯科医がいると答えた人は28%にとどまっています。また定期的に歯科健診を受けている人の割合は18歳で38.25%、それ以上の年齢群では、減少傾向にあります。定期的に歯石除去や歯の清掃を受けている人は55~64歳で35%となっています。そして、8020運動を知っている人の割合は65.1%でした。この結果を見ると、虫歯の本数減少は評価できるものの、まだまだ、口腔衛生や予防に対する意識は十分であるとは言えないようです。私ども歯科医師会としてもさらに地域の皆様への歯やお口の健康の重要性について啓発に努めていかなければならないようです。どのようにしたら地域の皆様にわかりやすくお伝えできるのか?そのニーズにできるだけお応えできるように、どうかこの番組をお聞きのリスナーの皆様、歯や口の健康に関する疑問などありましたらどんどんメッセージを頂きたいと思います。

 

健口(けんこう)は健康の第一歩。豊田加茂歯科医師会でした。




<VOL 61 ラブィートトップ 歯科医師会の先生が出演されました!>

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会