豊田市・みよし市の歯科医師会

歯の豆知識

健診で小帯異常と言われた

口の中には、歯茎に上唇小帯、舌小帯、頬小帯などがあります。

上唇小帯異常 

上の唇の裏側にある歯茎から歯と歯の間に続くひも状のものが長い場合にこのように診断されることがあります。

1才6カ月、3才児検診でこのように指摘された場合は 言葉が聞き取りにくいほど唇の動きが悪い、歯が磨きにくく虫歯になりやすいなど、日常生活に支障をきたすような時は、歯科で処置を受けてください。

 

舌小帯異常 

舌を持ち上げた時、舌の先がハート型にくびれような場合や、小帯が短くて舌の動きが悪い時はこのように診断されることがあります。

 

頬小帯異常 

歯が抜けてしまっていれ歯にするような時に問題がでることがあります。

 

対応 

上唇小帯異常は、多くの場合年令があがるにしたがって小帯がだんだん短くなっていきます。舌小帯異常も同様に様子を見ていくのが良いと思います。

どうしても気になるのなら一度かかりつけの歯医者さんでみていただいてください。

 

 

(内容は一般論です。医療は一人一人について全て条件が異なります。あくまで参考にとどめてください。あなたご自身のことはかかりつけの歯科医師にご相談ください。)

歯磨きの基本

スポーツを安全に楽しむために

顎関節症とは?

MRI検査にあたって

海外赴任が決まったら

話をする時に入れ歯がカチカチします。どうしてですか?

歯の中の消毒は痛みがなくなった後でも、どうして何回も繰返すのか?

お口の臭い(口臭)について

奥歯が一本抜けて放置したら・・・

乳歯が抜けても永久歯が生えてこない

矯正治療の開始時期は?

永久歯の前歯が開いてはえてきた・・・

糖尿病と歯周病

健診で小帯異常と言われた

フッ素のむし歯予防効果と安全性

歯科で行われるインプラント治療

 

 

 

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会