豊田市・みよし市の歯科医師会

歯の豆知識

糖尿病と歯周病

従来、成人病といわれた糖尿病は最近では若い人にも見られ、ライフスタイルと密接な関係があり、「生活習慣病」といわれるようになりました。

1987年に治療を受けた人は約100万人、1996年には2倍の217万人に増えています。しかし、疑いのある人は1370万人で、日本人の10人に1人の割合になります。

糖尿病が進むと、目、神経、腎臓などに合併症が現れますが、口腔内にも症状が見られます。糖尿病では歯周病になりやすく、また、歯周病が治りにくくなります。典型的な歯周病では以下のような症状が見られます。

  • 歯肉から出血しやすい
  • 口内炎ができやすい
  • 歯肉がモコモコと不正な形をしている
  • 口臭がする
  • 唇が乾いて、ヒビ割れしている
  • 歯がグラグラゆれる
  • 歯肉が化膿して腫れやすい

既に糖尿病が分かっている場合は歯周病をチェック。歯周病が治りにくい人は糖尿病をチェックしましょう。

 

 

(内容は一般論です。医療は一人一人について全て条件が異なります。あくまで参考にとどめてください。あなたご自身のことはかかりつけの歯科医師にご相談ください。)

歯磨きの基本

スポーツを安全に楽しむために

顎関節症とは?

MRI検査にあたって

海外赴任が決まったら

話をする時に入れ歯がカチカチします。どうしてですか?

歯の中の消毒は痛みがなくなった後でも、どうして何回も繰返すのか?

お口の臭い(口臭)について

奥歯が一本抜けて放置したら・・・

乳歯が抜けても永久歯が生えてこない

矯正治療の開始時期は?

永久歯の前歯が開いてはえてきた・・・

糖尿病と歯周病

健診で小帯異常と言われた

フッ素のむし歯予防効果と安全性

歯科で行われるインプラント治療

 

 

 

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会