豊田市・みよし市の歯科医師会

歯の豆知識

歯磨きの基本

皆さん、「歯みがきしてますか?」 という質問があっても、「やってないよ」という人はほとんどいませんね。でも、むし歯がなくならないのはどうしてなのでしょう?

むし歯の原因は、3つの要素から成り立っています、だからただ歯みがきをしていさえすればむし歯にならないということはありません。
でも「むし歯予防」にとって「歯みがき」はとても重要な、絶対に欠かせないことです。

食物:砂糖など甘いものの摂取、砂糖(ショ糖)は分解して酸を作る。使用の量・回数を制限したり。キシリトールなど酸を作らないものを使用することにより防止する。

細菌:むし歯の原因の細菌(ミュータンス菌など)はプラークの中に存在するので、プラークを除去することにより、防止する。

歯質:歯の質により酸に犯されやすくなるので、フッ化物(フッ素)の使用により酸に対する抵抗力をつける。


歯みがきは、虫歯の原因の一つである細菌のかたまり(プラーク)をこすりとることです。プラークは、非常にねばねばして歯にくっついているので、うがいをしたり、リンゴを食べてもぜんぜん落ちません。

歯ブラシでプラークをこすり取ることにより、むし歯予防をすることが、「歯みがき」の目的です。

でも、口の中の歯の並び方は非常に複雑な形をしているので、とても汚れの落としにくい部位があります、その場所がむし歯のできやすい部位ということになります。

その部位は

  1. おくばの溝
  2. 歯と歯の間
  3. 歯とはぐきの境め

の3か所です。

「複雑に入り組んだ部位=磨き残しやすい部位=むし歯ができやすい部位」
となってしまうので、これらの部分の汚れ(プラーク)を、うまく落とすのが正しいブラッシングのポイントとなります。

歯みがきの基本 

歯ブラシの毛先の部分を磨こうとする歯の表面に直角に当てて、軽い力で小きざみにこすったとき、歯垢(プラーク)はもっとも確実にしかも簡単に落とすことができます。

強くこすれば、よく磨けるとは限りません。力を入れて歯ブラシを押し付けると、毛たばが開いてしまい、毛先が歯面で有効に働かないので、かえって磨き残しやすくなることもあります。また、力の入れすぎは歯肉を傷つける原因となり、歯ブラシもいたみやすく、効果的に磨くためにも、毛先が開いたり弾力のなくなった歯ブラシは、取り替える必要があります。

歯ブラシの毛先が短期間で開いてしますような磨き方をしている人は力の入れすぎなので、軽い力で磨くよう注意しましょう。

では、ここで出てくる2つのキーワード「直角」「小きざみ」とはどんなことなのでしょう。
「歯の表面に直角」
このことは2つの意味を持っています。一つは口の中で歯列(歯の並んだ全体をさして言います)を一つの目標と考えてそこにいかに効率よく歯ブラシを作用させるかということに注目した場合を考えてみましょう。結論を簡単に言えば直角に歯(歯列)に当てるには「歯列を楕円形と考え、その接線方向にブラシを動かす」事になります。図で説明すると図のようになります。


このことをふまえて歯みがきを考えてみると、まず重要になってくるのが歯ブラシの方向(口に中に入れる角度、動かす方向)ということに気づきます。歯に当たらなければプラークは落ちないのですから、確実に歯面に当てる方向は自ずと決まってきます。つまり

①1度に2本程度しか磨けない

②大臼歯(おく歯)を磨くときにはかなり急角度になる

といったことがわかってきます。模型などで確かめてみると、多くの場合、今までの自分の歯みがきでは確実に歯面に当たっていない場所が結構あることに気づきます。

また、歯列は歯がたくさん並んだものなのでそこには多くのくぼんだ部分があります。この場合、歯と歯の間のくぼんだ部分などにうまく毛先の部分を当てるには、ブラシの毛束の弾性(たわみ)を利用していくことになります。そのためにはブラシの移動距離(動かす大きさ=ストローク)が小さくなければならないという必要条件も生まれてきます。つまり「小きざみ」に動かさないと細かい部分の汚れが取れない」ということになります。

ここでもう一つ別の視点から歯列を観察してみます。歯列が一つの円弧であるという考え方を、もう少しミクロの視点で見てみましょう。歯はそれぞれ一本一本立体的な形をしています、「歯の面に直角」のもう一つの意味は、一本の歯を多面体(球体)と考えたときに、全体の汚れを落とすには一方向からのアプローチでは不可能ではないかという考えに基づいています。

つまり今度は、一本の歯を球体と見たときのその接線の方向から磨く必要があるという方法です。こうすれば常にその毛先を使うことができ最初の「毛先」というキーワードを生かすことができます。文章で書くとなんだか難しいので図で説明します。


こうやって考えてみると、「歯みがき」は結構難しい物だということがわかってきます、一般にブラシの毛先でプラークを落とすのには20回こする必要があるといわれています。それを全ての歯に対してやっていくとなるとかなりの時間がかかってしまいます、「何分間歯を磨けばいいの?」ではなく「しっかり磨いたら何分間かかった」といった発想でブラッシングをする必要がありそうです。ぜひ皆さんも、今日からチャレンジしてみてください。

 

 

(内容は一般論です。医療は一人一人について全て条件が異なります。あくまで参考にとどめてください。あなたご自身のことはかかりつけの歯科医師にご相談ください。)

歯磨きの基本

スポーツを安全に楽しむために

顎関節症とは?

MRI検査にあたって

海外赴任が決まったら

話をする時に入れ歯がカチカチします。どうしてですか?

歯の中の消毒は痛みがなくなった後でも、どうして何回も繰返すのか?

お口の臭い(口臭)について

奥歯が一本抜けて放置したら・・・

乳歯が抜けても永久歯が生えてこない

矯正治療の開始時期は?

永久歯の前歯が開いてはえてきた・・・

糖尿病と歯周病

健診で小帯異常と言われた

フッ素のむし歯予防効果と安全性

歯科で行われるインプラント治療

 

 

 

 


一般社団法人 豊田加茂歯科医師会